#weddingの世界に恋をした

coruja代表おことの活動記録です。流行り?のハッシュタグ「#○○に恋をした」にあやかってみました(笑)

「結婚式」での映像屋さんの存在意義

先日 わたしの大好きな先輩とはなしていたときのこと。

 

何故「結婚式」で映像演出が当たり前になってきたのか

 

わたしたちに求められているものとは…?!!

 

 

そんな話を美味しいホルモンを焼きながら4時間半あーでもないこーでもないと。

 

 

そして 出した答えは

 

  “声が残る”

 

ということ

 

 

わたしが社員だった頃から 新規の方には必ず伝えてる「映像の意味」

 

後輩が入社してきて 一番最初に教えた「仕事のやりがい」

 

一瞬を切り取る写真と違い 映像には前後の動きが大切になります。

 

笑っている人 泣いている人

ではなく

何故笑ったのか 何故泣いたのか

を表現できる

 

前後のカット選びによって 見ている人の感情を動かすことができる

 

人の感情を表現しつつ そこに寄り添うように 音楽と声がすっと入ってくる

 

目と耳と心で感じる

 

そこが映像の良さであり おもしろい部分だとわたしは思います。

 

 

  目の前にキレイなお花が咲いている

  小さな子がにっこり笑ってくれた

  たまたま寄ったお店がオシャレだった

 

そんなときあなたは カメラを向けませんか?

 

記念にとっておきたい 誰かに共有したい

 

そう思ったはずです

 

 

  路上ライブの歌声が好きだった

  友達同士のやりとりが面白かった

  小さな子が一生懸命絵本を読んでいた

 

そんなときあなたはビデオを撮ろうとしませんか?

 

こちらも前者同様 記念にとっておきたい 誰かに共有したい と思ったはずです。

 

何が違うのか

 

ここが写真と映像を使い分ける重要なポイントだと思います。

 

 

わたしは「声が残る」ということが映像の絶対的必要性だと思います。

 

では、なぜ「声が残る」ことが必要なのか

 

お父さんもお母さんも おじいちゃんもおばあちゃんも 何もなく過ぎれば先にいなくなっていく人たち

 

これは隠す必要もなく 言ってはいけない内容でもなく 本当のことです。

 

ここから目を背けちゃいけないと わたしは思います。

 

先にいなくなっていく人たちの想いを いつまでも残しておくために 映像は必要なんだと思います。

 

 

わたしたちが映像屋さんとして存在している意味

 

それは

 

    その瞬間の想いを何年も残しておけるたったひとつの「カタチ」をつくるということ

 

 

どんな願いが込められて名付けられたのか

 

生まれた瞬間はどんな気持ちだったのか

 

反抗期は?思春期は?成人式は?

 

誰と出会い何を感じてきたのか

 

なぜ結婚を決めたのか

 

なぜ結婚式をやるのか

 

どんな結婚式にしたいのか

 

何が良くて何が嫌だったのか

 

どんな人になりたいのか

 

どんな家庭を築きたいのか

 

 

そんなひとつひとつの「?」を言葉として紡いでいく

 

自分自身の気持ちと向き合っていく

 

そして その想いを「カタチ」にして何年も何十年もずっとずっと残しておく

 

 

それがわたしたちのシゴトなんだと思います。

 

郷に入っては郷に従え

こんばんは。

ようやくやって参りましたわたしの年。

 

年女のおことです。

 

 

2019年が始まりもう20日が経ちました。

 

今日の撮影は最高でした。

 

スナップさんも記録カメラマンもいない、わたしだけの独壇場。

 

やりたい放題のブライズ撮影!!

 

花嫁さまもすごくかわいく笑う方で、とってる私がにやにやしちゃうくらい。

 

挙式リハーサルでは仲良しなフラッグボーイくんたちと撮影会。

おかげさまでインサート撮影は出来なかったけど…かわいいからよし。

 

 

そんなこんなで挙式も無事済み、フラワーシャワーへ。

 

 

そう、

ここで事件が発生します。

 

 

起承転結の転の部分。

 

 

 

我が物顔で出てきたスチールカメラマンと記録カメラマン。

友人カメラマンとして招かれた持ち込み業者。

 

そう、数日前に電話したらもう友達!モウマンタイ!ってやーつ。

 

 

いいんですよ、別に。

好きなだけ持ち込まれてください。

 

でもね、マナーは守って欲しい。

 

 

結婚式の場に、ジーンズ履いて黒シャツ黒ネクタイカーディガン生地のジャケット。オシャレスニーカー。

 

お口もぐもぐしながら、左手ポッケ、右手パン棒。

 

 

いやいや。

 

 

何しにきたの??

 

 

友人として招かれたなら、それなりのお祝いの気持ち持とうよ。

 

立ち居振る舞いと持ってるカメラを見る限り、おそらくテレビ業界の方。

(テレビ業界にお勤めの真面目な方々ごめんなさい)

 

 

 

そこまではまぁ…100歩譲って見なかったことにしましょう。

表現の自由ってやつですね。

 

 

 

 

でもなんで、わたしの前に立つ??

 

 

 

わたし、メインカメラマン。

あなた、友人。

 

 

そもそも、進行の邪魔になる場所に立たないで?

 

 

カメラマンが一番前に立てる現場って放送業界だけよ。

 

ウェディング業界はあくまでも「思い出を残す」ことが仕事だから。

 

 

あなたの脳みそで描かれてる絵コンテ通りに撮影されても困るの。

 

 

 

 

まぁ…これも知らなかったらわからないことだから。

1万歩譲って我慢しますよ。

 

 

 

 

 

でも!!!!!!なんで!!!!!

 

 

わざわざぶつかるの!!!!!!!

 

 

 

 

 

頭悪いのか?自分の幅わからないのか?

 

なんで撮影中のわたしの右腕にわざわざ突進してくるの。

 

何故戦う。

 

 

 

これは何があっても許せない。

 

 

わたしかなりの負けず嫌いなので、これでもかってくらい新郎新婦に話しかけましたよ。

 

こっちこっち〜〜

 

〇〇さーん!トスブーケ見せてください〜〜

 

うん!かわいい!ばっちり!♡

 

 

 

もうどっちが友達かわからないくらいに仲良くなってやりましたよ。

 

裏導線駆使して先回りして、全部先手打って撮ってやりましたよ。

 

なんだったら、スナップさんには優しくしたりましたよ。

 

 

 

 

何故狙われたのか。

 

何故機嫌が悪いのか。

 

何故コミュニケーションを取ろうとしないのか。

 

 

 

何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故何故

 

 

自分でもびっくりするくらいのイライラでした。笑

 

 

 

でも、今日のわたしダメなんですよね。

 

花嫁さまに気を遣わせちゃったんですよね。

 

やりたい放題暴れてるカメラマンを見て、わたしに対して申し訳なく思ったとのこと。

 

わたしが我慢しきれなかったから。

 

 

 

 

反省ですね。

 

 

 

楽しい撮影だったのに、なんだかしっくりこないモヤモヤな1日でした。

 

友人カメラマンやってきました

こんばんは!

corujaのおことです^^

 

 

月末と年末の業務に追われ「師走」という言葉の意味を痛感しております…。

 

もう12月ですね。

 

 

ウェディング業界の繁忙期も少し落ち着いてきたところです。

 

 

これからは「年内納期」という名の敵がニヤニヤしながら近付いてくる

 

 

睡眠時間2時間当たり前。

 

徹夜ばっちこーーーい!

の時期がやって参ります。笑

 

 

モンスターがお友達です♡

 

 

 

 

 

さて、実はわたし

 

先日友人カメラマンデビューして参りました!!!!!

 

 

 

正しくは、友人のフリするカメラマン

 

 

 

持ち込みNGの会場では、友人として外部業者にお願いするのです。

 

 

それって違反??って思うかもしれませんが、そんなことは全くなくて!

 

 

ちゃんと席も用意されていて、お食事も出てきます。

 

 

 

たまたま友達がカメラマンだった、っていうだけなのです!

数日前に電話しただけでも、立派な友達!

 

 

袖触れ合うも…なんとやらって。笑

 

 

 

今回は、映像申し込みたいけど提携業者は高くて…っていう方や、友人カメラマンってどんな感じ??っていう方向けに当日リポートをしてみようと思います!

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで友人として、いつも通り挙式2時間前に会場入り。

 

 

男性はおしゃれなスーツ着れるからいいなぁ〜ってすごく思いました。

 

女性の正装ってドレスが多いですもんね。

 

 

 

実際に会場に入ると、びっくりするくらい丁寧にご対応頂きました。

 

さすが結婚式場!!!!!

 

 

 

ゲストハウスだったこともあり、スタッフさん全員味方!仲間!って感じの雰囲気を感じました。

 

ゲスト控え室に案内され、小物の撮影をしていると

 

なんと

 

プランナーさんがわざわざご挨拶に来てくださりました。

 

 

 

バレた?!?!?!

 

 

 

と内心ドキドキで、きっと引きつった笑顔だったはず。

 

 

👩🏻本日はおめでとうございます!間もなくお支度が完了致しますが、撮影されますか?^^

 

 

なんという優しさ…!!

 

 

 

 

え、いいんですか??嬉しい♡

 

と、かわいい女の子を演じブライズルームへ。

 

 

その日はエンドロールもあり、こちらは提携業者が担当しておりました。

 

結婚式の流れ等を、すごく丁寧に教えてくださって申し訳ない気持ちでいっぱい。

 

嘘ついててごめんなさい。

全部知ってます。

 

なんだったらあなたより経歴長いと思います…。

 

っていう気持ちを押し殺して、なーんも知らないフリ。

 

 

お芝居してるみたいで楽しかったです^^笑

 

 

 

 

ブライズルームからはずーっとおふたりに付きっきり!

リハーサルも参加させてもらえました!

 

 

 

挙式は人前式でした。

 

ゲスト席から撮影する予定でしたが、ご厚意により三脚の使用がokとのこと🙆🏻‍♀️

 

 

しっかりと入場から退場まで脚を据えて撮影させてもらいました。

 

 

ここまでくると、欲が出ます。

 

 

挙式前の控え室にお邪魔させてもらい、郎の胸元にピンマイクを仕込みました。笑

 

 

 

さすがにこれはスタッフさんに少し嫌そうな顔されました…。笑

 

 

 

 

式後のフラワーシャワーも集合写真も業者さんと同じ位置からの撮影。

 

 

もう友人ってことも忘れそう。笑

 

 

 

 

 

披露宴会場に入り、いつも通り迎賓の様子を撮影してると申し訳なさそうにサービスさんからお声がかかりました。

 

👦🏻乾杯はシャンパンをご用意致しますが、ノンアルコールの方がよろしいですか?

 

 

 

…なんという素晴らしい気遣い。

 

 

 

すっかり忘れてました。

わたし、アルコール禁止でした。

 

 

 

 

ノンアルコールの乾杯酒とオレンジジュースがご用意頂いた席に運ばれてきました。

 

 

通常は親族席にお邪魔させて頂くことが多いのですが、今回は何故か会社同僚のテーブル。

 

 

年代的に問題ないのか…?!!

絶対バレるやろ。てか、同僚の方はご存知なのか?!!

 

 

と、ソワソワが止まらないので、なるべく席には戻らないことにしました。笑

 

 

 

友人カメラマンを外部業者に頼む場合は、是非とも新婦側の親族席をオススメします!

 

 

親族であれば口裏も合わせやすいですし、年齢問わずに完成設定ができます!

 

・母の知り合いの子供

・昔仲良かった近所の子

・〇〇で出会った〜

 

など、様々なパターンに応用が効くんです。

 

 

これ!是非!覚えておいてくださいね!

 

テストに出ます_φ( ̄ー ̄ )

 

 

 

 

 

 

さて、披露宴中は特におふたりと関わることもなく、進行とゲストメッセージの撮影。

 

次々に運ばれてくる料理は、残念ながら食べることができず…。

 

同じ席の方に「食べてくださいね〜」とは言ったものの、人の物に手を出すわけにもいかないですもんね。笑

 

わたしの料理でテーブルいっぱいになってしまったこと…申し訳ないです。。

 

 

 

 

 

 

友人カメラマンをしてみて感じたことは、事前の打ち合わせがかなり大事ということ。

 

 

 

どこの席に座る予定なのか。

 

どういう設定で同じテーブルの方に紹介しているのか。

 

年齢や経歴。出身地。

 

わたしとの関係性や関わり方。

 

 

 

 

しっかりと確認しておかないと、実際の会話がとても大変になります。

 

会場の方や業者さんとの世間話の際にも、きちんと把握出来ていないとズレが生じてしまいます。

 

 

カメラマンとおふたりだけで理解し合っているだけでなく、同じテーブルに座る方にもフォローして頂けるとすごくやりやすくなると思います。

 

 

 

わからない、知らないフリをして撮影するのではなく

 

本当にカメラマンと知り合いだった、という設定で友人カメラマン出来るようになりたいなーと思いました。

 

 

今回はわたしの打ち合わせ不足でした…。

 

 

また機会があれば、本当の友人くらいもっともっと新郎新婦と仲良くなりたいです^^

 

 

精進精進。がんばろ。

 

 

 

 

 

説得力のある人であり続けたいなーと。

こんばんは

 

corujaのおことです

 

 

今日はお世話になってる社長さんのご自宅にお伺いしてのお仕事でした。

 

帰りの電車内での更新です。

 

移動時間1時間半は慣れているつもりなんですが、1時間乗りっぱなしってなかなかしんどい…

 

腰のためにも、乗り換えって大事ですよね。(笑)

 

 

 

さて、今日のお仕事は編集のレクチャーです。

 

 

元々は今日明日で出張の予定でしたが、あいにくリスケに…

 

そこのアシスタントで来る予定だったジュンジュンくんに編集を教える、という内容でした!

 

 

ジュンジュンくんはウェディング映像制作を目指して今は研修中。

 

 

 

 

 

いやーーーーーーー。

 

難しい。

 

 

 

 

 

だって、わたし自身考えて編集出来ないもん。

 

人それぞれ感性って違うと思いますし。

 

 

 

 

こんなの面白そう!とか

うわっ!これステキ!とか

 

ほとんど気持ちで編集してます。(笑)

 

 

 

気持ちが乗らないときは、やめる。寝る。

 

 

 

そんなわたしが人様に何を教えられるのか…

 

 

 

とりあえず、素材を渡して編集してもらいました。

 

聞かれたことに答えるスタンス。

 

 

いやー。らくちん。

 

 

 

でも、お仕事としてお願いされたのでそれだけってわけには…いかない!!!!!!

 

 

 

 

ってことで締めにいくつかお伝えしたので、備忘録。

 

 

 

 

✔︎今日お伝えしたこと

 

1カット2アクションを意識して、素材を取捨選択する

 

カット内のどの動きを見せたいのかを明確にしてカットを繋げていく

 

引きの絵は情報量が多いから、尺が短いと何の様子か伝わりにくい

 

シネスコのやり方、特徴、使い方

 

便利なショートカットキー

 

 

 

 

これだけ。

 

偉そうなこと言ってもあくまでベースの話だし、時と場合によるから…

 

全てに当てはまるわけじゃないですもんね。

 

 

 

編集の時の気持ちが乗れば良し🙆🏻‍♀️

 

たーのしぃーーーー♪わたし天才ーーー♪ってなれば良し🙆🏻‍♀️

 

こんなスタンスで生きてます(笑)

 

 

 

 

 

そういえばこの間、

 

ほそださんって楽しそうに仕事するよね〜と褒めて頂きました^^

 

 

 

 

自分の結婚式でカメラマンさんが

 

はい、笑ってくださいー

 

って真顔で言われても説得力ないですもね。

 

 

ぽっちゃり体型のヨガインストラクターに、この人を信じて付いていこう!ってはならないですもんね。

 

 

 

わたしも、幸せをカタチに…と言ってる以上は、自分が幸せでないと^^

 

やりたいことをやって、楽しくお仕事したいですもんね!

 

 

 

そんなこんなで、昨日ついにマーリン2をポチってしまいました。

 

中古ですが…。

 

 

今週末の結婚式で、挙式会場まで人力車に乗るんですって!

 

30分も!

 

 

 

そりゃあ、ジンバル欲しくなりますよね🤔

広角レンズも。。(笑)

 

 

 

電動式は使いこなせない自信があるので、調整をマスターしようと機械式を買ってみました!

 

明日はマーリンちゃんと旅に出ます^^

 

 

さて、その為に今晩は意地でも編集終わらせます…!!!!

 

 

思い出をあげるお仕事

こんばんは!

corujaのおことです^^

 

最近、撮影のない日はおうちにこもって記録映像の編集をカタカタしています。

 

 

今お世話になってるクライアントさんの記録映像は、ただ1日を撮影するだけでなく

 

インタビューも交えながら「その日の気持ちも残そう!」

 

っていう内容なんですね。

 

 

なので、進行以外の様子は基本的に話してる内容もほとんど聞くようにしています。

 

 

 

そう、ほとんど。

 

 

ダラダラ長いところはサササーーーって。(笑)

 

 

 

でも!!大事なところはちゃんと等倍速でチェックしますよ?(笑)

 

 

 

 

 

例えば、ファーストミートとか!

 

 

 

最近増えてきてますよね、ファーストミート。

 

 

お互いのお召し物を当日まで内緒にしていて、いざご対面!

 

こういう時は男性側の反応がとっても大事です。(笑)

 

素直にキレイ!かわいい!って表現してくれる方もいれば、緊張しすぎてちゃんと反応できない方もいらっしゃいます。

 

中には感極まって泣き出しちゃうおふたりも…

 

 

 

わたしもファーストミート大賛成派です!

 

わたしの場合は母が美容師なので、ドレス選びから当日のヘアメイクまで全て母の手で花嫁姿を完成させてほしいなぁーって。

 

我が家は七五三や成人式などの節目節目で、母の力が発揮されてるんです^^

 

だから、花嫁姿をコーディネートしてもらってベールダウンで完成。

って考えるだけで今から泣けてきます…。

 

 

 

 

 

今日編集してたご両家もファーストミートありました。2回も。

 

ウェディングドレスとカラードレス

 

 

ご新郎様も違う反応しなきゃ!って大変だけど、カメラマンはもっと大変です。

 

だって、限られたスペースの中で2回とも違う撮り方しなきゃいけないから…

 

チャペルとかガーデンとか広いスペースならいくらでも対応できますが、ブライズファーストミートは難易度高め。

 

残念ながら、ブライズルームはどこから撮っても絵変わりしない場合がほとんどです…。

 

 

 

これからお式を考えてて、ファーストミートの予定がある方は是非!

場所の交渉してみてくださいね^^

 

 

ちょっと景色が変わるだけで、雰囲気もぐぐっと良くなります!!

 

 

 

 

 

さて、例のご両家ですが、2回ともブライズファーストミートでした。

 

この会場のブライズルームは新郎新婦がカーテンで仕切られていました。

 

ご新郎側にカメラがスタンバイ。

 

 

 

 

ご新婦がなかなか登場しなかったので、スナップカメラマンとご新郎とのおしゃべりタイムが始まりました。

 

 

 

 

📷お医者様なんですってね!すごいなぁ〜大変ですよね〜

 

🤵🏻いやいや、大変なのはどの仕事も同じですよ

 

📷人の命預かるんですもん。大変ですよ

 

🤵🏻カメラマンさんは思い出をあげるお仕事でしょう?私たちは健康をあげるお仕事。大変なのはみんな同じですよ。

 

 

 

😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭

 

 

 

感動しました。

 

 

感動をいつまでも残したいとか、一瞬をカタチにするとか。

 

今までもちゃんと映像を撮る意味を理解して、お仕事してきたつもりでした。

 

でも、思い出をあげる。ってかっこよくないですか?

 

時計屋さんみたい。(笑)

 

 

 

記憶ってどんどん薄れていくものだし、書き換えられていくものだし。

 

 

 

 

残しとく、じゃなくてプレゼントって概念。ステキだなぁーって思いました。

 

 

 

たくさんの方に大切な思い出をプレゼント出来るようにこれからもがんばります^^

 

 

そんなステキなご新郎さまはファーストミートで1回目も2回目も、涙されていました。

 

はじめまして!*

 

みなさま、はじめまして!

 

corujaというブランドでウェディング映像の制作をしております

ほそだことみと申します。

 

お仕事仲間からは おこと、と呼ばれています。

仲良くしてくださる方は是非^^

 

プロフィールはこちら↓

https://coruja-m.com/staff

 

 

さて、まずはこの度ブログを始めることになったきっかけを少し・・

 

実はわたし3日坊主の気がありまして。(笑)

熱しやすく冷めやすい為、今まで何度も何度も

「今度こそ!!ちゃんと!!ブログ書くぞ!!」と意気込んで参りました。

 

しかし、ネタを考えてPCに向かい文字を打つ・・という行為がどうしても億劫で。

 

だってね、撮影の日は基本終日外出で、撮影のない日は自宅に籠って編集作業して、週末は朝から晩まで結婚式の撮影で帰ったら見逃しサイトでドラマ見ながら母と晩酌の時間、という生活の中でブログネタを考える用の脳みそなんか余ってないし・・

 

 

なーんて言い訳ばっかり上達するわけで。(笑)

まず、ドラマの時間削れ!って話なんですが。(笑)

 

 

で、考えたわけですよ。何故ブログが続かないのか・・

 

 

それは、考えることが苦手だから!

書くことは好きなんです。でも考えて書くのは苦手。

八方美人なのかな。悪く思われたくないから、考えすぎちゃって余計に書けなくなっちゃう。

 

 

でも、こんなにたくさんの結婚式に関われて

なかなか出来ない経験をさせてもらっているのに、何もなく過ぎ去っちゃうのは勿体ない。

 

一瞬を「カタチ」に・・なんて偉そうなこと言ってて

自分がカタチに出来てない。

 

 

だから、考え方を変えることにしました!

 

お仕事用に結婚式のノウハウとかまとめたブログは別にあって、

これはこのまま気の向くままにコツコツ頑張ります。

 

そして、このブログはわたしの成長記録として残していこうと思います。

 

 

独立して、5か月目の今。

あっという間にcoruja始動から100日以上過ぎてました。(あ、お祝いしてない・・)

 

人間の赤ちゃんだと首が座って寝返りをするようになってきた頃。

離乳食を食べ始める子もいるそうです。

 

ちなみに、赤ちゃんをあおむけに寝かせた状態で、

赤ちゃんの両手をゆっくり引っぱり、身体と一緒に首が持ち上がれば、

首がすわっていると判断できるみたいですよ!

 

寝起きのわたしみたい~~

毎朝、腕を引っ張って起こしてくれる方募集中です^^

 

 

 

 

・・話を戻します。

 

そんな感じで、まだまだ赤ちゃんなわたしです。(?)

corujaがどのような活動をして、どのように成長していくのか。

 

母子手帳のような感覚で、成長をカタチに残していければと思います。

 

 

このブログを通じて、わたしの夢や人柄が伝わって

共感してくださる方と出会い、ご一緒にお仕事ができたらいいな~なんて思ってます^^

 

 

 

 

 

-----

coruja コルージャ

https://coruja-m.com/

 

✉ info@coruja-m.com

℡ 080-6848-4032

※しつこい営業のお電話は着信拒否させて頂きます。ご了承ください。