#weddingの世界に恋をした

coruja代表おことの活動記録です。流行り?のハッシュタグ「#○○に恋をした」にあやかってみました(笑)

友人カメラマンやってきました

こんばんは!

corujaのおことです^^

 

 

月末と年末の業務に追われ「師走」という言葉の意味を痛感しております…。

 

もう12月ですね。

 

 

ウェディング業界の繁忙期も少し落ち着いてきたところです。

 

 

これからは「年内納期」という名の敵がニヤニヤしながら近付いてくる

 

 

睡眠時間2時間当たり前。

 

徹夜ばっちこーーーい!

の時期がやって参ります。笑

 

 

モンスターがお友達です♡

 

 

 

 

 

さて、実はわたし

 

先日友人カメラマンデビューして参りました!!!!!

 

 

 

正しくは、友人のフリするカメラマン

 

 

 

持ち込みNGの会場では、友人として外部業者にお願いするのです。

 

 

それって違反??って思うかもしれませんが、そんなことは全くなくて!

 

 

ちゃんと席も用意されていて、お食事も出てきます。

 

 

 

たまたま友達がカメラマンだった、っていうだけなのです!

数日前に電話しただけでも、立派な友達!

 

 

袖触れ合うも…なんとやらって。笑

 

 

 

今回は、映像申し込みたいけど提携業者は高くて…っていう方や、友人カメラマンってどんな感じ??っていう方向けに当日リポートをしてみようと思います!

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで友人として、いつも通り挙式2時間前に会場入り。

 

 

男性はおしゃれなスーツ着れるからいいなぁ〜ってすごく思いました。

 

女性の正装ってドレスが多いですもんね。

 

 

 

実際に会場に入ると、びっくりするくらい丁寧にご対応頂きました。

 

さすが結婚式場!!!!!

 

 

 

ゲストハウスだったこともあり、スタッフさん全員味方!仲間!って感じの雰囲気を感じました。

 

ゲスト控え室に案内され、小物の撮影をしていると

 

なんと

 

プランナーさんがわざわざご挨拶に来てくださりました。

 

 

 

バレた?!?!?!

 

 

 

と内心ドキドキで、きっと引きつった笑顔だったはず。

 

 

👩🏻本日はおめでとうございます!間もなくお支度が完了致しますが、撮影されますか?^^

 

 

なんという優しさ…!!

 

 

 

 

え、いいんですか??嬉しい♡

 

と、かわいい女の子を演じブライズルームへ。

 

 

その日はエンドロールもあり、こちらは提携業者が担当しておりました。

 

結婚式の流れ等を、すごく丁寧に教えてくださって申し訳ない気持ちでいっぱい。

 

嘘ついててごめんなさい。

全部知ってます。

 

なんだったらあなたより経歴長いと思います…。

 

っていう気持ちを押し殺して、なーんも知らないフリ。

 

 

お芝居してるみたいで楽しかったです^^笑

 

 

 

 

ブライズルームからはずーっとおふたりに付きっきり!

リハーサルも参加させてもらえました!

 

 

 

挙式は人前式でした。

 

ゲスト席から撮影する予定でしたが、ご厚意により三脚の使用がokとのこと🙆🏻‍♀️

 

 

しっかりと入場から退場まで脚を据えて撮影させてもらいました。

 

 

ここまでくると、欲が出ます。

 

 

挙式前の控え室にお邪魔させてもらい、郎の胸元にピンマイクを仕込みました。笑

 

 

 

さすがにこれはスタッフさんに少し嫌そうな顔されました…。笑

 

 

 

 

式後のフラワーシャワーも集合写真も業者さんと同じ位置からの撮影。

 

 

もう友人ってことも忘れそう。笑

 

 

 

 

 

披露宴会場に入り、いつも通り迎賓の様子を撮影してると申し訳なさそうにサービスさんからお声がかかりました。

 

👦🏻乾杯はシャンパンをご用意致しますが、ノンアルコールの方がよろしいですか?

 

 

 

…なんという素晴らしい気遣い。

 

 

 

すっかり忘れてました。

わたし、アルコール禁止でした。

 

 

 

 

ノンアルコールの乾杯酒とオレンジジュースがご用意頂いた席に運ばれてきました。

 

 

通常は親族席にお邪魔させて頂くことが多いのですが、今回は何故か会社同僚のテーブル。

 

 

年代的に問題ないのか…?!!

絶対バレるやろ。てか、同僚の方はご存知なのか?!!

 

 

と、ソワソワが止まらないので、なるべく席には戻らないことにしました。笑

 

 

 

友人カメラマンを外部業者に頼む場合は、是非とも新婦側の親族席をオススメします!

 

 

親族であれば口裏も合わせやすいですし、年齢問わずに完成設定ができます!

 

・母の知り合いの子供

・昔仲良かった近所の子

・〇〇で出会った〜

 

など、様々なパターンに応用が効くんです。

 

 

これ!是非!覚えておいてくださいね!

 

テストに出ます_φ( ̄ー ̄ )

 

 

 

 

 

 

さて、披露宴中は特におふたりと関わることもなく、進行とゲストメッセージの撮影。

 

次々に運ばれてくる料理は、残念ながら食べることができず…。

 

同じ席の方に「食べてくださいね〜」とは言ったものの、人の物に手を出すわけにもいかないですもんね。笑

 

わたしの料理でテーブルいっぱいになってしまったこと…申し訳ないです。。

 

 

 

 

 

 

友人カメラマンをしてみて感じたことは、事前の打ち合わせがかなり大事ということ。

 

 

 

どこの席に座る予定なのか。

 

どういう設定で同じテーブルの方に紹介しているのか。

 

年齢や経歴。出身地。

 

わたしとの関係性や関わり方。

 

 

 

 

しっかりと確認しておかないと、実際の会話がとても大変になります。

 

会場の方や業者さんとの世間話の際にも、きちんと把握出来ていないとズレが生じてしまいます。

 

 

カメラマンとおふたりだけで理解し合っているだけでなく、同じテーブルに座る方にもフォローして頂けるとすごくやりやすくなると思います。

 

 

 

わからない、知らないフリをして撮影するのではなく

 

本当にカメラマンと知り合いだった、という設定で友人カメラマン出来るようになりたいなーと思いました。

 

 

今回はわたしの打ち合わせ不足でした…。

 

 

また機会があれば、本当の友人くらいもっともっと新郎新婦と仲良くなりたいです^^

 

 

精進精進。がんばろ。